人気の二重整形を受けよう【切開法よりも手術費用が安い】

サイトメニュー

費用と保証は要確認

女性

将来のまぶたも想定して

術後にダウンタイムがいらないとの触れ込みも多い二重整形の埋没法ですが、ひどく腫れたり目に違和感を覚えたりといったトラブルは起こりえます。埋没法は糸でまぶたにヒダを作るように縫い留める術法なので、糸の結び目がゴロゴロする、目を閉じると点状のくぼみができるなどの問題を感じている人もいます。切開法は、どのクリニックでも変わりない術法で行われているものの、埋没法はそれぞれ違い、何が良いのか分かりにくい状況です。クリニックのホームページで事前に二重整形についての情報を頭に入れておいてから、カウンセリングで医師に質問するといいのではないでしょうか。このとき、患者の質問一つ一つに対して丁寧に分かりやすく解説してくれる医師が理想です。それから、埋没法で主流なのは2点留めで、6点留めくらいまでありますが、1点留めから行うことが可能です。通常留める点が増えるほど費用が高くなるため、単純に安いからという理由で契約してしまうと、1点留めの倍以上の費用を請求される可能性があります。見積もりはしっかりと確認してください。それに埋没法は、1年以内に取れた場合、無料で直すなどの保証が付いていることは珍しくないです。しかし、初回と同額の手術費用を請求される事例もあるため、保証内容についての確認も忘れないでください。日本人に似合う二重の形状は、目尻に向かって幅が広がっていく末広型と言われています。二重整形手術でも人気の形状でしたが、近年幅広の二重を希望する女性が増加傾向にあります。ハーフっぽい華やかな目元になるかもしれませんが、顔にはある程度流行があるということや、埋没法では難しいかもしれないということを知っておいてください。特にまぶたの脂肪が多い人は、埋没法で幅広のデザインにすると一層取れやすくなります。いくら切開法より費用が安いとしても、すぐに取れてしまうのなら、お金を捨てるようなものです。しかし、切開法は元に戻すことはできない整形手術ですから、高齢になったときにも愛せる目元であるか否かを考えてデザインを決めると安心です。希望通りに仕上げてくれる医師も有能でしょうが、患者に似合う二重のデザインをアドバイスしてくれる医師なら尚良いのではないでしょうか。切開法ではメスで切り込みを入れるので、ついでにまぶたの脂肪を取ることが可能です。埋没法と脱脂術を組み合わせることも可能なものの、費用が割高になるばかりか、メスを入れるので腫れを避けるのは難しいです。それから、まぶたが分厚い人でも、年齢を重ねるとまぶたは痩せていきます。するとまぶたのたるみが気になってくるので、綺麗に作った二重も消えてしまう可能性は否めません。将来のことも考慮して、医師に相談するといいでしょう。

Copyright© 2018 人気の二重整形を受けよう【切開法よりも手術費用が安い】 All Rights Reserved.