人気の二重整形を受けよう【切開法よりも手術費用が安い】

サイトメニュー

選ぶときに注意したいのは

鏡を見る人

埋没法が適さない人もいる

二重整形の内、切開法は永久的効果が得られることから、埋没法に比べて費用は高めです。一度切開法で二重にしてしまったら元に戻せないため、慎重にクリニックを選ぶ必要があります。費用の比較だけでなく、クリニックが採用している術法や医師の技術などを調べるのも大切です。調べるには、各クリニックのホームページを参考にすることが多いでしょうが、医療機関のホームページには様々な規制があります。医療機関のホームページに関するガイドラインが一般公開されているので、最初に目を通して、これに違反しているクリニックは除外するといいでしょう。医療機関も経営は大事ですが、美味しいことばかりを掲載してはいけないのです。誠実かつ腕の良さそうなクリニックが見つかったら、カウンセリングで医師との相性を確かめます。二重整形でのカウンセリングは特に担当医師が行うかどうかが大切です。希望を細かく聞いてくれることはもちろん、合う術法を的確にアドバイスし、なおかつ術後の状態やリスクについて十分な説明をしてくれるかという点もチェックしてください。契約を急かすような行為が見られたら、すぐに帰るのが賢明です。信頼できる医師に出会えた上で、疑問や不安は全て解消してから手術を受けたいところです。美容外科が提供する美容医療は自由診療になるので、同じ二重整形の手術でも費用に差が出ています。糸で留める二重整形の埋没法は、残念ながら永久的効果は期待できません。これは医療界では常識なのですが、ほとんどの人が取れないと謳い、高額な費用を設定しているクリニックもあるので、注意が必要です。高額な埋没法を行うのであれば、始めから切開法を選んだほうが確実な効果が期待できます。切開法は、まぶたの中の脂肪が分厚い人に向いています。脂肪が多い人が埋没法を行うと、糸が外れたり伸びたりする確率が高いのです。数回糸が取れてしまったら切開法が妥当だといわれますが、始めから切開法を選んでおけば余計に費用をかける必要はありません。切開法でもまぶたを全体的に切開して二重の線を作るのを全切開法と呼び、切った際に脂肪が取れます。この作業の分内出血が起きて腫れやすくなりますが、1週間を目安に腫れは徐々に引いていきます。ただ、手術を手がける医師の縫合スキルが低いと、二重の線が不自然に仕上がる可能性があり、注意が必要です。それほど脂肪が分厚くない場合は、中央か両端を切開する部分切開法でも問題ありません。二重の線がより自然に仕上がりやすいとされています。

Copyright© 2018 人気の二重整形を受けよう【切開法よりも手術費用が安い】 All Rights Reserved.