人気の二重整形を受けよう【切開法よりも手術費用が安い】

サイトメニュー

どんな目になりたいか

目元

まぶたの形で治療が変わる

綺麗な二重を作る整形方法の代表に、埋没法と切開法があります。両方とも手術用の医療糸を使いますが、まぶたを切るか切らないかの違いがあります。まぶたを切らず、糸で止めて二重のひだを作る埋没法であれば、術後の腫れも少なく済みます。また、費用も切開法と比べて安く抑えられるのも利点の一つです。ただし、埋没法の弱点として、まぶたに厚みがあり腫れぼったい目をしている人には、効果を最大限発揮できず元に戻ってしまう可能性があります。そういった人に対しては、切開法が用いられます。まぶたを切って邪魔になる脂肪などの組織を取り除き、それから糸を使用してひだを形成します。自然治癒でひだができるように切開するため、一重に戻ってしまうこともありません。手術になるため費用は少し上乗せされますが、永続的に二重を維持したい場合や、まぶたの厚みがある人には切開法が勧められます。また、二重の形にも種類があり、患者それぞれが希望する目の形があります。その形やその人の目の形によって、整形方法も向き不向きが生まれます。特に切開法は一度手術してしまうと復元が困難です。クリニックで行なわれるカウンセリングで、CGを使った完成像を見せ得てもらえることがあります。期待外れにならないよう、ドクターとよく話し合うのが重要です。二重整形にかかる費用は、埋没法なら5、6万円前後、切開法なら10万円程度が目安です。クリニックによって多少変動はあるものの、最低でも5万円の費用は用意して臨むのが無難です。埋没法は切開法に比べて費用が安く、まぶたを切らないことで身体への負担が少ないのがメリットです。まぶたの形状次第では切開法が適している人もいますが、人気が高いのは埋没法となっています。美容外科クリニックを受診する際、ドクターとカウンセリングをする場面があります。その際、利益を考えて切開法しか提案しないクリニックも中にはありますので、事前に情報を集めておくと安心です。二重整形においても、セカンドオピニオンなど、クリニックを選択する自由があります。もちろん悪質なクリニックばかりではありませんが、余計な費用を払わなくてもいいように知識を入れ、情報を鵜呑みにせず、自分で考えて選択するようにしましょう。選択する基準として、クリニック選びの際に口コミサイトやホームページを活用するのを推奨します。実際に利用した人の声と、医師のプロフィールや実績を自分の目で確認して信頼に値するかどうかを見極めることが大切です。自分で選んだのだという実感があるだけでも、高い満足感に繋がります。

Copyright© 2018 人気の二重整形を受けよう【切開法よりも手術費用が安い】 All Rights Reserved.