人気の二重整形を受けよう【切開法よりも手術費用が安い】

サイトメニュー

一番人気の施術

看護師

手術の大まかな流れ

美容外科で一番人気のある手術は、二重整形と言われています。「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、目は顔の中でも印象が強いパーツです。一重は冷たい印象を与えてしまう場合もありますし、一重よりも二重のほうが可愛く見えるという考えを持っている人も多いため、二重整形が一番人気なのかもしれません。本来主流だった切開法は、まぶたに切り込みを入れて人工的にラインを作るという術法だけでしたが、顔にメスを入れることに抵抗を覚える人は少なくありませんでした。しかし、目を開いたときに自然とまぶたが折れ込むように糸で縫い留める埋没法が考案されて以来、整形手術の概念に変化を生じさせたのです。そして、顔にメスを入れないという点だけでなく、糸が取れれば元に戻せるというのも安心感に繋がったのかもしれません。でもほとんどの人は一重に戻りたくないという気持ちが強いため、出始めよりも改良が進み、取れにくさがアップしています。それに、最低でも1年は保証が付いているクリニックが多いです。それから、一部の埋没法を除いては、切開法よりも手術費用が安いことが多いです。また、看板施術として安い費用で埋没法を行っているクリニックもあり、より手術を受けやすい状況になっています。ほとんどの美容外科で二重整形手術を行っていますが、手術費用はばらばらです。ただ、カウンセリングは無料で行っているクリニックが大半となっています。予約を入れて来院したら、医師に不満や二重整形の術法の希望など伝えてください。それに対して医師はまぶたの状態などを診察して、希望施術が適切かどうか判断します。医師は最善の方法を提案することも仕事の一つなので、埋没法を希望していても切開法を提案してくる可能性もあります。術法は何であれ、費用も含めて納得が行くまで説明してもらうのが重要です。なお、費用は手術前に支払うことが多いです。手術当日はメイクを落としてから麻酔クリームを塗り、効いてくるまでにカウンセリングで決めた二重のデザインを最終確認し、局所麻酔を注射します。それも効いてきたら手術を開始、切開法では予定のラインに沿ってメスを入れ、脂肪や皮膚等を切除してから縫合します。一方、埋没法では、まぶたの裏側から二重のラインを付けたいところにまぶたを糸で固定するだけです。留める箇所は患者のまぶたの状態やクリニックの術法によって変わります。どちらも術後しばらく冷やしてから帰宅します。切開法は1週間後に抜糸を行いますが、埋没法では通院することはありません。

Copyright© 2018 人気の二重整形を受けよう【切開法よりも手術費用が安い】 All Rights Reserved.